カードローン複数社への申込みが必要なとき

やむを得ない事情により、複数のカードローンに申込む必要がある場合があります。

 

たとえば、専業主婦のカードローンでは、融資が認められても「限度額30万円まで」というケースが多くなります。

 

しかし、専業主婦でも30万円を超える融資が必要になる場合もあるわけですので、そのようなときは、

 

 カードローンの同時申込み

 

なども検討しなければなりません。

 

 

カードローンの同時申込みをするときは、できるだけ申込むタイミングをずらさないようにし、カードローンの同時申込みが悟られないようにする必要があります。

 

しかし、同時申込みをするタイミングについては、あまり神経質に考える必要はないものです。

 

審査にとおる時は、いつでもとおりますし、その逆の場合もありますので、参考程度にしておくのが良いと思います。

 

 

また、高額融資が必要な場合に、1社への申込みではなく、複数のカードローンに分散して申込むという方法があります。

 

たとえば、100万円の融資が必要なときに、1つの会社から100万円の融資を受けるのは難しくても、2社〜3社から30万円程度ずつの融資の方が通りやすい場合があります。

 

とくに消費者金融のカードローンでは、総量規制が影響していますので、1社から融資できる限度額が限られてしまいます。

 

少ない金額を複数社から借りる方法なら、収入証明が必要になることもないでしょう。

 

 

このように複数社へのカードローンの申込みは、やむを得ない事情がある場合に利用することができるものです。